外壁塗装の基本|これだけは知っておきたい基礎知識

外壁塗装は住宅の寿命を延ばすメンテナンス

日本の住宅の寿命は欧米に比べると非常に短く、30年前後といわれています。日本の住宅政策が、そうさせてきたのです。中古住宅を改築・リフォームして使うというのでなく、新築を優先させてきたからです。

 

最近は、長寿命の省エネ住宅や、二世帯住宅など大きめの長寿命の住宅を、税制の面から後押しする仕組みもあります。

 

また、新築優先の住宅政策の弊害でもあるのですが、実家を相続した者の誰も住まず、放置されたまま倒壊の恐れのある危険な空き家が増加しました。そういった事情から、いまでは、中古住宅の流通を活性化させる方向へと進みつつあります。

 

今後は、新築住宅一辺倒の住宅政策から、中古住宅の流通活性化へと日本も向かうことが予想されます。そんななか、自分の家の手入れは、これから重要になってきます。

 

日本の家屋は、20年もたてば価値はゼロになってしまいます。しかし、これからは、20年たっても価値がゼロになる住宅でなく、古いほど価値が高くなる住宅も現れてくるでしょう。

 

外壁塗装は、そうした家の価値を落とすことなく維持し、価値を高める一つの手段として、これからは注目されてくることと思います。

 

外壁塗装の必要性

新築から10年、20年と経つと、屋根が傷んだり、外壁が黒ずんできたりします。住宅内部のリフォームはだれでも考えるものですが、外壁のリフォーム(塗り直し)は、あまり深刻に考えていないようです。

 

しかし、住宅の外壁は、当然ですが、常に風雨にさらされ、年月を経るごとに弱っていきます。場合によっては亀裂やカビの発生を引き起こすことがあります。

 

外壁が弱ってくると、雨水が建物の内側に染み込んできます。そうなると、住宅の寿命をさらに縮めかねない事態を引き起こします。

 

これを防ぐために、外壁のメンテナンスが必要なのです。風呂やトイレ、洗面所やキッチンなど、水回りは寿命が短いので、リフォームが必要なことは知られていますが、同じように外壁もリフォーム(塗り替え)が必要なのです。

 

外壁塗装は、築10年過ぎると、必ず考えなければいけない住まいのメンテナンスです。外壁塗装は、いわば家の化粧直し。外側のリフォームに当たります。

 

外壁塗装を適切な時期に行うことによって、住宅の寿命を延ばすことができます。

 

このサイトでは外壁塗装の基本についてまとめていますが、外壁塗装や外壁塗装業者を選ぶときの注意点について、もっと詳しく知りたい方は、外壁塗装名人|失敗しない外壁・屋根塗装業者の探し方・選び方が参考になります。

 

おもなメニュー

2015/12/07 15:59:07 |

リフォーム業者には、残念ながら悪徳業者が少なくありません。外壁塗装業者も同じですから、注意が必要です。

2015/12/07 15:16:07 |

実際に外壁塗装を行うにあたって、色選びは楽しい作業です。

2015/12/07 14:47:07 |

外壁塗装の工事を依頼した場合には、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。また費用はどれくらいかかるのでしょうか。

 

 

2015/12/07 13:52:07 |

外壁塗装とひとくちに言っても、その塗料の種類は実に様々です。

2015/12/07 13:35:07 |

外壁塗装は、住宅の外側をすっかり塗り替えてしまう工事ですが、その工事そのものはどのように行われているのでしょうか。